×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

富士登山 レンタル

山ガール服装 登山装備 登山レンタル

富士登山用品 現地レンタル  
 富士登山用品が

 現地でレンタルできるお店!

 

富士登山用品が現地でレンタルできるお店!

 

せっかく購入して準備したのに1回しか使わないかもしれないのに購入するのはもったいないですよね(汗)
まずはレンタルでお試しください。1流メーカーの商品10万円相当を約10分の1の金額でレンタルできるのが、富士登山用品のレンタルショップ「
LaMont」です。

 

 

 

 

富士登山用品レンタルショップ

 

 ☆格安で1流メーカーのお洒落で高性能で安心できる登山用品がレンタルできる

 

 

 ☆お店で受取・返却ができるので、後片付けが超らくらく

 

 

 ☆フィッティングルームがあるから、その場でファッションチェック

 

 

 ☆専用クリーンルームで高級殺菌スプレーで殺菌・抗菌し、他社にはない清潔感で安心

 

 

                  詳しくはこちら⇒LaMont


 

今年初めて富士山に登る、登りたい♪』『登山初めてだから何を準備すればいいかわからない・・・。そんな方々に人気の7点パーフェクトセット!手ぶらで富士山の麓に来てもこれさえあれば富士山へ登れます!メーカーは登山超一流老舗ブランドだから量販店などで取り扱っている商品とはわけが違います!レインウェアはGORE-TEX(ゴアテックス)ハイクラスモデル。シューズもGORE-TEX(ゴアテックス)でもちろんハイクラスモデル。ザック(バック)はフリーフレックスになっておりまたレインカバーもついております。ヘッドランプは長寿命LEDライト、更には突然の雨にも安心の防水性能付。ストック(トレッキングポール)、スパッツも勿論高性能ブランド品です。セット総額10万円以上の装備が約10分の1でご利用可能です。

 

富士登山の装備 ●正しい装備で余裕のある登山を心がけましょう!
 
◆登山靴
 本格的な登山靴でなくてもよいが、底が厚く、くるぶしまで覆う靴が好ましい。靴ズレを起こさないように履きならしておく。
 
◆服装
 軽量で温度調節がしやすいもの。上着は長袖のシャツやセーター、フリース。下はジーンズよりも少しゆったりとしたものが良い。下着は吸汗速乾性素材の物。また、風が吹くと体感温度が下がるため、ウィンドブレーカーなど上に羽織るものが必要。また、日よけ及び夜間・朝方の冷え込み防止のための帽子、ニットキャップがあれば重宝する。下山時に砂が靴に入りにくくするためのスパッツも必要。
 
◆手袋
 七~八合目付近は手をついて登るような岩場があり、手袋が必要となる。また、防寒や転倒時のケガ防止にもなる。
 
◆懐中電灯
 夜間に登山する人には必需品。できれば両手が自由になるヘッドランプがお勧め。
 
◆水・飲料水
 富士山には水がない。山小屋等で購入することはできるが、自分の飲み水は負担にならない程度(500~1000ml)を持参する。
 
◆ザック
 ザックは長時間背負うものなので、自分の体格にあったものでなるべく軽いものが良い。
 
◆雨具
 傘は論外、風雨は横や下から吹いてくる。山用の上下別のものが良い。防寒の役割もしてくれるので必須。
 
◆ビニール袋
 濡れては困るものやゴミ入れに便利。登山には必須。
 
◆お金
 山小屋や休憩所での支払いの他、ケガ等で馬を借りる場合もあり、現金は必要。
 
◆食料品
 行動食としてチョコレート、氷砂糖、飴、バナナなど口に入れやすいもの。
 
◆サングラス(ゴーグル)
 紫外線よけやコンタクト装着者は砂塵防止にもなる。
 
◆その他
 保険証、バンソウ膏、日焼け止めクリーム、携帯カイロ、携帯電話、水溶性のトイレットペーパー、ウェットティッシュ、タオル、携帯灰皿(喫煙者)

 

富士山の4大登山ルート
●吉田ルート
 

 富士登山道の中で最もポピュラーなルート。富士スバルライン5合目が吉田ルートの登り口になり、このルートの特徴は首都圏からのアクセスが便利で、山小屋も豊富なことです。そしてその山小屋からは夕方には影富士を、早朝にはご来光を見ることができ、ルート上には山小屋も登山客も多く初心者の方は安心して登ることができます。

 
●富士宮ルート

 吉田ルートに次いで人気のあるのがこの富士宮ルート。富士宮口五合目からから始まるルートで、4つあるルートの中で最も山頂までの距離が短いルートであり、魅力は太平洋を背中に登ることです。天気が良ければ駿河湾を一望することもできます。

 
●須走ルート

 標高差はありますが、4ルートの中で距離が2番目に短いのがこの須走ルートです。吉田・富士宮ルートに比べ利用者も少なく、静かな登山を楽しみたい方、お盆や週末に富士登山を計画している方におすすめです。六合目近くまでは緑が多く高山植物を見ながらの登山を楽しめるのが特徴。下山時は砂礫の急斜面を下る砂走りを楽しめます。

 
●御殿場ルート

 全ルートの中で最も標高差が大きく、最も距離が長いのがこの御殿場ルートです。このルートを利用する場合は山小屋に泊まる12日での日程が適しています。また食料や水、装備等も充実させた方が良いでしょう。利用者が少ないので静かな事が大きな魅力です。混雑もなくマイペースに富士山登山を楽しむことができます。一番の醍醐味は往路のとても長い砂走り。ぐいぐいと下っていけるので、下山に御殿場ルートをとる人も多くいます。

 

 

 

リンク集
 
富士登山用品レンタルショップ|La☆Mont 検索エンジンLucySearch
   
ノボルノボルフジサン サイドビジネス
   
富士山土産市場 富士山マルシェ J'sROOM annex
   
GAM NAVI 相互リンクSEOSTAR
   
ネットショップ検索帳。 検索エンジンGOODSEARCH
anyserver.org 相互リンクSEO対策link-seo
   
SEO対策ROLIN カリビアン・サーチ